子供の視力回復には、アイトレーニング

子供の視力で悩んでいませんか?

それなら、

子供の近視なら視力回復成功者実績No.1

アイトレーニングがおススメです!(^^)!

アイトレーニング

最新手法

視力回復教材の中で、

評価評判がよく顧客満足度も高いアイトレーニングです。

その証拠に、長い間売れ続けています。

 

こんな視力回復法を試していませんか?

ミドリンやミオピンといった眼科で処方される目薬を点眼している

視力回復レーニング(ワック)を眼科で行っている

眼にいいと言われているサプリを毎日摂取させている

超音波治療器などの視力回復装置を購入して使用している

ピンホールメガネを使用して視力回復トレーニングをさせている

3Dの絵本(マジカルアイ)を利用した視力回復方法を行っている

それなのに、

子供の視力回復の効果が実感できない…

そんな方にこそ、

ぜひ試してほしいのが、このアイトレーニングです。

「1日たった13分のトレーニングを2ヶ月続けるだけ」

たったそれだけなのに、

10年間で2098名の子供がメガネが必要ない

0.8以上の視力まで回復している

取って置きの視力回復トレーニングです。

90%以上の成功者を誇る

「年長さんでもご自宅で無理なく簡単にでき、

しかも楽しく継続して行っていける画期的な視力回復法」

を視力アップ専門家の田中謹也さんが伝授します。

田中謹也さんは、

視力アップ専門アイトレーニング視快研のインストラクター。

平成15年にオープンして以来、

たくさんのお子さんたちが視力回復に成功しています。

そんな視力回復のプロ 田中謹也さんの経験・実績・知識が詰まった

トップアスリートも取りいれている最新手法で、

お子さんの視力回復を目指しませんか?

最新手法『アイ・トレーニング コンプリートキット』

視力低下の原因

子供の視力は仮性近視と呼ばれる0.7以上の視力なら、

元に戻る可能性は非常に高い。

だけど、

真性近視(視力0.7未満)になってしまうと、

元の視力には戻らなくなってしまう。

そして、

視力が低下すればするほど回復が困難になってしまうのです。

だから、

早期発見、早期トレーニングが重要!!

視力回復には、

正しい知識を知るということが、とても大切になります。

テレビゲームやパソコン、スマホ、タブレットなど

生活習慣自体が近視や視力低下の原因に…

平成29年度の学校保健統計調査で公示された

「視力1.0未満」の割合は、

幼稚園24.48%

小学生32.46%

中学生56.33%

高校生62.30%

これは、過去最悪になってしまったそうです。


「近視は遺伝だから…」なんて思って視力回復をあきらめていませんか?

近視とは、

近くのものにピントが合ったまま止まってしまっている

目の状態のことで、近くのものを凝視し続ける生活環境や

習慣が近視の直接的な原因であり、

単純に遺伝が近視の原因ではないのです。

アイ・トレーニングは、科学的トレーニングプログラム

NPO「日本視覚機能向上研究所」の人体メカニズムに対する研究と、

数多くの実験・検証を繰り返し完成しました。

10年間で2098名のお子さまの視力を0.8以上に回復させてきた、

改善率90%以上を叩き出す、効果実証済みの視力回復法なのです。

このトレーニングは、効果の高さから

プロスポーツ選手もトレーニングに取り入れているほどなんですよ。

アイトレーニング 実践結果

 

アイ・トレーニングのやり方

ヒモとビーズを用意をするだけで、

1日13分

わずか2ヶ月で視力が着実によくなり、

さらに、その回復した視力を低下しにくくすることが可能な方法です。

ヒモに通した距離の違うビーズを”ある順番”に従って、

それぞれ数秒ずつ見つめるだけの簡単な方法で、

これにより、両目の動きが正常か否かを自己診断しながら、

ピント合わせにかかわる毛様体筋を鍛えることができます。

また、両眼を正しく使うことで 距離感や立体感を感じ取る、

両眼視機能を向上させることも同時にできます。

一回3分×3回の遠近ストレッチ

2分のブロックストリングス 

一分半のアイストレッチ

「1日トータルで13分程度、たった2か月続けるだけ」

アイトレーニングの基本は視力低下予防法なので、

ある秘策を使えば、アップした視力を維持することも可能なのです。

アイトレーニング 3つのステップ

これを実行していくだけで視力アップが期待できるのです。

アイ・トレーニングの最大の特徴は、

今まで、やることがたくさんありすぎて、

視力回復トレーニングを続けられなかったというお子さんでも

ヒモとビーズを用意するだけで,

毎日楽しく続けることができるということです。

お子さんに眼鏡やコンタクトレンズが必要な

不自由な生活をさせないためにも、

アイトレーニングを始めませんか?

アイトレーニング 購入はこちら